■ 13th Autumn Winter Share 出店のお知らせ

大磯のエピナールにて、11/20・21の2日間
mar works の革小物を出品することになりました。

子育てしながらチクチクやりました。

大好きなパッチワークをしたかったのですが
これはなかなか時間のかかるもの。
焦らず、ゆっくり。楽しんで作ったものが並びます。

お近くにいらしたら、是非遊びに来てください。

楽しい音楽。おいしい食べ物。かわいいモノ。いろいろです。



詳しくはこちら→ http://www.epinard.net/eventtop.htm

 

■ 1日教室毎月開催

やる気満々です。

5月より、毎週木・日曜日に1日教室を開催します。
人数に限りがあり、事前に材料を用意しますので
予約制になります。 ご希望の日程より、1週間前までに予約をしてください。


<< 日程 >>

木曜日 5 / 13・20・27 6 / 3・10・17・24
7 / 1・8・15・22・29

日曜日 5 / 9・16・23・30 6 / 6・13・20・27
7 / 4・11・18・25

10 : 00 〜 完成するまで。
スリッパは当日片足のみ工房で完成とさせていただきますが
残り片足も別の日に工房で作られるのは可能です。
(料金はいただきません。)
その他のアイテムは数時間で完成可能です。


<< アイテム >> 材料費込み

・スリッパ   ¥15,000(レディース・メンズとも)
・ペンケース  ¥4,200
・ブックカバー  ¥2,940
・ティッシュケース ¥5,250
・フォトフレーム L ¥5,250 M ¥3,675 S ¥2,940

その他、アイテムは随時増えますので、ご確認ください。
入会金・道具代等はありませんが、縫い針のみ当日のご購入となります。
縫い針5本入り ¥175 (お持ちの方は持参ください。)

初心者でも問題なくできますので、是非ご参加ください!!
ご不明な点等はメールかお電話で(木曜日10:00〜)。











 

■ 工房の再開

2010年2月より、工房の教室を再開致しました。

長いお休みをいただき、ありがとうございました。
現在も子育てに追われる日々ですが
あかちゃん... とばかり思っていた我が子も
いつのまにか子供っぽくなり
今では公園や海を、幸せそうに走り回っています。

教室はのんびりとやっていますので
遊びに来てください。

現在は、タネちゃん(種戸さん)が教室を担当。
私は、毎週木曜と、たまの日曜日に工房にいます。

今後は1日教室などもお知らせします。
是非、お問い合わせください。

また縁のあるみなさんと、まわりまわって会えますように。

mar works  こじまあきえ

 

■ ご対面

9月10日(水) 6:16am 3032gの元気な女の子が無事生まれました。

9日の朝食を済ませて、母子一心同体では最後の散歩を海まで...
この日の海はとても穏やかで、風も気持ち良く...
きっと安産に違いない!

.....と思った通り
夜中3時に陣痛が始まり、朝方6時過ぎにはご対面。

母子共に健康優良です。

 

■ 暑中お見舞い申し上げます

7月も終わり...
mar worksは例年通り、8月は夏休みになります。
夏は暑いもの。暑いから夏なのです。
いっぱいイイ汗をかいて、秋を迎えましょう。

でも、9月には例年通り、教室が再開!とはなりません。
しばらくお休みを頂く事となりました。

9/12に出産予定日を迎えます。
育児にはもちろん経験も無く、不安がいっぱいですが

mar worksで出会った教室の皆さんや
一緒に仕事が出来た方々...
初めての事もたくさんあって、不安もありましたが
でも楽しい事ばかりでした。

だから、きっと大丈夫。と思ってます。

教室の皆さんにはお話した通り
出産は初めての事で、どんな状況になるかは分からなくて
また教室を再開するのか、それはいつなのか
もしかしたら育児にハマってしまうか

なので、今の状況では何も約束ができませんが
また必ず皆さんに会いたいです。

教室の皆さん、すごく楽しかったです。
どうもありがとうございました。
今度の飲み会では、子連れでしょう...
出産後はちょっとぐらいは飲めるので大丈夫。

お仕事でご一緒できた方々、お世話になった方々
どうもありがとうございました。

少しの間お休みをいただきますが
また必ず靴を作る時が来るので、よろしくお願いします。



             2008年8月10日

 

■ GWも明け ...

2008年になってあっという間にGWも過ぎ...
なのにこの2〜3日はとても寒いです。

今年のGW は、伊豆へキャンプへ行って来ました。
美味しい干物と塩辛を沢山買って大満足でした。

遊びに明け暮れて、またお仕事開始です。
去年から、教室の皆さんの靴はどんどん仕上がっていて
全然紹介できずにいます。ごめんなさい。

教室のメンバーも数人入れ替わり...

去年は教室の皆さんに、結婚パーティーまでしていただいて
本当にありがとうございました。
靴のモチーフのケーキ!しかも味も完璧。
とっても美味しくて。
沢山のお料理、食べきれなくて
お店の方がちゃんとお土産にしてくれました。
湘南倶楽部(鎌倉)のノリコさん、ありがとうございました。

       

 

■ 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます


昨年は公私ともに色々な事が起こり例年になく
ドタバタとした年でした。
今年は「教室」に力を入れて頑張ろうと思ってます。
靴を作るようになって、そう言うのは初めてのことです。

改めて、皆に対して想うことが多々あった去年でした。
人にとって「時間」は大切で
その時間をかけて、mar works へ足を運んで
似た想いをもった人たちが時間を共有して
靴を作っていて...
mar works で靴を作っている様で
実は、皆がいるからmar works があっていられるわけで
つまり、mar works は皆のおかげでシアワセなんです。

今年もいっぱい靴を作りましょう!!
わたしは、新年の1足目、もうじき完成です........

                      2008年 元旦


新年の教室再開は1月23日(水)からです

 

■ おめでとう

2007年 11月 26日 2:13pm
体重 3016グラムの
佐々木彩葉(いろは)ちゃん誕生。

佐々木さんが無事、女の子を出産しました!
おめでとうございます。

佐々木さんはギリギリまで
ベビーシューズを作ってました。
しかも2足。

上の画像は生まれたばかりの時。

下の画像は10日ほど経った今。
成長が見られますねぇ。。。すごい。
目の大きさはママ似なのでしょうか??

教室の皆も喜んでました。
赤ちゃんて、人をシアワセにしますね。

「退院してからはずっと寝てばかりで心配」
と、佐々木さんは既に心配症。
大丈夫ですよ、あっという間に動き出して
怪獣となって、佐々木さんの手をやかせるから。

おめでとうございます。







 

■ 贈り物

すっかり寒くなって...
気づけば重ね着の季節です。
工房も、ここしばらくの間は大きな入り口は
開けっ放しで教室の作業をしていましたが
今は、すっかり閉め切っております。

先日、工房に素敵なものが届きました。
以前にもこのnews&eventで紹介した
「山本さん」から。

直筆のお手紙が同封されていました。

今年で84歳を迎えられる山本さんは
去年から奥様の体調が優れなくて
山本さんが家事担当に。
そして、今年始め...
山本さんご本人も
以前から痛めていた膝痛を煩って
教室をお休みしていましたが
この度、教室を止める事になりました。
最後は電話でしかお話できなかったのが
とても残念です。

木曜日のメンバーは皆、
山本さんが大好きなのでとても残念。

それと、贈り物にいただいたものは
山本さんが記者時代にずっと愛用していた
PARKERの万年筆と
MONTBLANCのペンシル。
使い込んだ様子の判るこのふたつは
私にはとても重たくて、
ちょっと切なくなってしまいます。

万年筆とペンシル、それぞれの説明と
お手紙の最後に
「短い間本当に楽しくて
  ありがとう存じました  文也 」
私たちもとても楽しかったですよ。
ありがとうございました。







 

■ 続け !!!

生徒Mさんが、余った革を継ぎはぎして
パッチワークの手帳カバーを作りました。
彼女は、ミシンの練習に使った捨て革や、
余ったボタンを使ったり...
パッチワークは初めてだったけど
とっても楽しそうに作ってましたね。
この手帳は、きっと手放せないはずですね。

短時間で簡単に作れるものもいいけれど
じっくり時間をかけて試行錯誤してできたものは
とても大切なものになりますね。
靴でも、小物でも
自分だけの大切なもの。
しかもそれを自分で作れるなんてシアワセかも。
100個のブランド物のバッグより
世界にたったひとつのバッグ、
しかも何十年て、大切に使ったら そんな素敵なバッグはないのでは... 







 

■ 2007 年 7 月 29 日

結婚しました。







7がつ29にち。あっという間の一日で...
築地にある「 治作 」という料亭で、
『小島』から『松岡』になりました。

 

■ モカシンだいすき

marには「モカシン好き」が沢山います。
代表選手とも言える長谷さん。
今回は水牛の革でブーツ完成です。
彼女は刺繍も大好きで
画像では判りずらいほど
小さな小さなビーズを使って
細い麻糸で刺繍が入っています。
モカシンは様々な由来があります。
「元来、北米インディアンが履いたヒール部分のない
スリッポン式の短靴や長靴を総称したが、
その形態や製法も指す。( frontstyle com 抜粋 )」
ほかにも
「北アメリカ東北部に住んだアルゴンクィアン族の
マカック=小さな袋に由来」
「モカシンとは包むという意味で、1枚の革で足を
包むという意味」
と…説はさまざま。

私は民族学に興味があって
その中でも先住民に関しては
かなりの数の歴史本や写真集が本棚を占めてます。
彼らは、そもそも…
自分たちが生きるために、必要最低限の量の狩りをして
捕えた獲物は骨・肉・革までを消化し、有効に利用していたそうです。
決して着飾るなどの、欲望のためにモカシンを作ったのではなく
獲物の皮skinを革leatherに加工して
広い大地や森の中を歩くために有効に活用したと伝えられています。
生徒の中にもモカシン好きが何人か…
不思議と似たモノを持っています。
それが好奇心だったり
楽しむ気持だったり…
人や物に対する優しい気持ちだったり。
彼女たちの源点のように思います。







 

■ 自分のクツと、ひとのクツ

やっと完成!
土曜日の生徒さん。クツできました。
このクツは最愛のダンナさまのモノ。
良いですね。実にウラヤマシイ。
デザインを考えたり
革を選んだり…
自分のクツを作る時と違うのは
そのクツを履く相手のことを想う。
というと深すぎでしょうか?
作る工程や大変さは
自分のクツも人のクツも同じですが
「楽しい」の種類は少し違うかも。
喜ぶかな…とか
オドロクかな…とか。
作った人は皆
その相手の喜ぶ顔が見たいのですね
きっと。

「今日は完成して持って帰ってくると思ってる。」
そう言って嬉しそうに
大切にくるんで持ち帰りました。
私にもなんだか想像できました。
ダンナさまのヤッター!な顔。









 

■ BBQ 日付変更

お天気も良い感じで続き…
気分は徐々に夏モードな最近です。
とっ!本日の教室中、大変な間違いが発覚イタシマシタ。

BBQの予定日を訂正致します…

7月22日(日) 茅ヶ崎の海にて。

時間、場所その他詳細は
只今「連絡網」制作中ですので
もうしばらくお待ちを。

7/22(日)最終決定です。
大変失礼いたしました。

 

■ 夏の mar de BBQ

突然ものすごい勢いで雨が降ったり、カラっと晴れたり...
ここのところお天気は不安定ですが
気がつけばすっかり春で、工房のストーブが行き場に困っています。

今年も例年通り、8月が1ヶ月お休みの予定ですが
私事で、7月も2週間お休みをいただく予定です。

けれど、BBQはやります。約束ですから。
日程は以下です ↓ ↓ ↓

7月21日(土)10:00〜 茅ヶ崎ビーチパーク

詳細は工房にて。
梅雨時期なので、雨天の場合は翌日22日に延期です。
どうか晴れますように。。。
買い出しや準備等の分担は皆さんにお願いします。
今月中に連絡網を作りますので。m( _ _ )m

今年は飯田さんがビーサンで来ますように ...
皆様お祈りしてください。

 

■ ぱっちわーく

最近、手作りの革小物教室へ通い始めた生徒さんが
以前よりも、俄然熱心に製作に取り組んでいます。
靴を作っていれば、実は無駄な革がたくさん出る。
それをずーっととっておいて、
今回は、パッチワークでスリッパを作ってくれました。
作り方はとっても簡単なので
2回ほどで完成するはずのスリッパも
このパッチワークのおかげで1ヶ月以上かかりました。

でも、スリッパも靴も小物も...
手をかけて 時間をかけて 頭を悩ませて...
そうして完成したものは
1日や2日でできたものよりも、ずっと素敵です。

甲の部分に使った革は
この生徒さんが今までに作った靴に使った革ばかりで
(これは○○で使った革.. これは△△で苦労して革)
などと、それぞれに想いも詰まってます。

私は...最近パッチワークの手帳カバーを作ったばかり。
で、ここのところ暖かいので
そろそろ今年のサンダルを . . . 策略中です。





 

■ 2007春

4月になってもまだ肌寒い日が…
工房ではまだまだストーブが必需品です。
けれど春は確実に近づいていて
工房アパートの壱号荘は例年通り
ツタが芽吹きだしました。
4月上旬に「今年もまた…」と思っていたら…
あっという間に緑一色に。
やっぱり太陽の力はすごいですね。
横浜教室の生徒さんに面白い話しを聞きました。
家や塀に絡まるツタは、
春に芽吹いて、秋には紅葉し、冬には枯れる。
これがいわゆる本来のツタで
アイビーなども絡まって塀などに這ったりしますが
春に芽吹いたり、紅葉したりはないので
ツタの種類ではないそうです。
そーいえば…
と、工房のツタを四季を追って思い起こすと
冬に葉っぱを枯らしたツタを
「ちょっとみすぼらしいな〜」と思ったりした自分を
反省しました。

もうすぐGWです。
教室は4/29まででGW突入。
5月は9日(水)からです。
GW中は毎年恒例のフリマに革屋さんが出店します。
場所日時、詳細希望の方は
教室の時に言ってください。
皆の大好きな玉井さんや飯田さんは
毎年このフリマで買いだめしているようです。





 

■ dust boots ?!?!

こちら、アウトステッチのdust boots…
宿題大好き!な、マルルさんの靴完成です。
dust bootsは私が勝手に付けた名前ですが…
依然、発表会で私が出したのが始まり。
皆が裁断後にゴミ箱へ捨てた端革や
傷の付いた部分や、
繊維が荒くて使えない部分などなど…
そんな皆が不必要と思っている革でも
こんな靴になるよ!という意味を込めて作った靴。
今回、マルルさんの靴はゴミ箱をあさった!?
わけではなく、革の半裁を丸々広げて、
革の端っこを選んで型紙と合わせて裁断しました。
ここが一番奮闘したところではないか??
というわけで…
残ったのは革のとても良い部分だけ。
で、marに貢献していただいたような感じになりました。

前に余った革をパッチワークのようにして寄せ集めて
ブックカバーを作って、この場に載せたことがあります。
あれは大変だった!
けれど、ものすごく気に入っています。
読みたい本が…というよりも
ブックカバーを触っていたい。みたいな。
愛用品の中のトップクラスです。
次の目標はパッチワークのブーツです!?





 

■ モカシンブーツ

2006年秋から始まったモカシンブーツの教室が
この3月に終わりをむかえました。
モカシンブーツは横浜で、月に2回ずつ。
靴を作るのは初めて!という方ばかりでした。

毎回宿題ばかり出して...
けれど皆さん良く頑張ってくれました。
機械がないのは当たり前ですが
工房での作業ではないので、
突然の出来事やハプニングに対応できるかが
私の心配するところでした。
なんとかみなさん完成しました!

生徒さんは当然、教える側の私に
たくさんのコトを要求したり、依存します。
「これでいいですか?」
「糸はどっちの色が合いますか?」など。

私も実は皆さんに求めています。
「これでいいですか?」と聞かれたら
答えは「 NO !! 」です。
文句の付けようのない
完璧な出来ではないからです。
けれど、真の意味での答えは...
「自分が良ければOKですよ。」
なぜなら、自分の履く靴だから。
他の誰がダメだと言っても、
自分の靴だもの、OKでしょ。

私の作ったサンプルの靴がありました。
糸も縫い方も...
全て真似ではオモシロくない。
と思うのですが...どうでしょう??
私が生徒たちに求めるのは
想像力とか、貪欲さ...でしょうか?
こうしたい!!と思ったら
なんとかそうなるように考える。
「考えて」みてください、是非。
教わるだけでなく、
教わったことをそのままコピーではなく
アレンジしてみてください。

鉛筆や消しゴムや定規を用意して
図形とにらめっこをして「考える」

大人になって、この状況で「考える」って
実はなかなかないですよね。



 

■ おわび

忙しさにかまけて、しばらくお休みしてしまいました。

ごめんなさい。

去年は「みんなのはっぴょうかい」やBBQなどなど...
教室内でのイベントも寂しいかぎりですみませんでした。

土曜日の教室メンバーの榎本さんが旦那さまの転勤で中国へ。
2月いっぱいで教室を卒業?でした。
会えなくなるのは寂しいけれど、みんなが
「送別会しましょー!!」と言い出してくれたのは
とても嬉しいと思いました。
marで出会った人と人が繋がっていた証ですかねー。
ウレシイことです。わたしとしては。
そして榎本さんとはこれでサヨナラなわけではなく...
また会う日を楽しみにしています。
北京へ転勤なので、みんなで行きましょう、北京へ。





 

■ a happy new year 2007

新年あけましておめでとうございます。

昨年はmar恒例のイベントがなかったり...
私事のためになかなかゆっくりとした時間がなかったり...
やはり反省することばかりですが
それなりに実り多き年だったと感じています。
今年は言い訳せず、皆と一緒に楽しいことに全力を尽くします。
なわけで、どうぞ今年もよろしくおねがいいたします。

去年は、mar works ではイベントがほとんど無かったのは
やっぱりさびしい。。。
新年早々の教室では、新たなイベントの話で盛り上がりました。
企画進行中なので、お待ちを。